トレード検証アプリJSTrader

この環境からはご利用頂けません。操作マニュアルより動作環境をご確認下さい。

JSTraderとは

外国為替証拠金取引(FX)等の過去チャートの値動きの再現や手動売買の練習ができるWEBアプリケーションです。

■主な特徴
  • 複数銘柄、複数時間足同時表示
  • チャート表示数無制限(モニター次第)
  • 長期間の秒間隔履歴データ
  • 一時停止とスムーズな時間調整、巻き戻し(全てのチャート同期)
  • JavaScriptで独自インジケーターの作成
  • 無料

お知らせ

2022/07/03
2022/06/26~2022/07/02のFXデータを追加しました。
2022/06/05(Ver1.5.2.0)
データ表示をモバイル端末でも確認できるように作り変えました。
2022/05/16(Ver1.5.1.0)
モバイル端末のインジケーター挿入に対応しました。
2022/05/05(Ver1.5.0.6)
コンテナインジケーターを追加した時にチャート左下のBidAsk表示がメインチャートから外れる不具合を修正しました。
2022/05/01(Ver1.5.0.5)
タイムゾーンの設定が再度できるようになりました(設定後反映にはリロードが必要です)。
2022/04/27(Ver1.5.0.4)
チャートに表示する通貨ペアを設定で指定できるようにしました。
2022/04/19(Ver1.5.0.3)
PC画面左上にあった未来レート表示設定を設定ウィンドウに移動しました。
2022/04/13(Ver1.5.0.1)
設定で損益をPoint、金額のどちらで表示するかを選択できるようにしました。
2022/04/10(Ver1.5.0.0)
設定画面を追加し、チャート上の売買設定を選択できるようにしました。
2022/04/06(Ver1.4.9.2)
リプレイに関する不具合を修正しました
2022/04/06
2021年のデータを再公開しました。
2022/03/31(Ver1.4.9.1)
EURCADが表示できない不具合を修正しました
2022/03/31
2021/01/02~2021/03/26までのデータを再公開しました。
2022/03/27(Ver1.4.9.0)
  • 下記の通貨ペアを追加しました。
    CHFJPY,EURCAD,EURTRY,GBPAUD,TRYJPY,USDZAR,ZARJPY
  • データの再作成を行うため、一時的に公開期間が短くなります。
2022/03/21(Ver1.4.8.3)
チャート上に表示中の通貨ペアのポジション情報が表示されるようになりました。
2022/03/20(Ver1.4.8.2)
チャート上から注文するLot数を設定できるようになりました。
2022/03/13(Ver1.4.8.1)
下記の仕様変更を行いました。
  • 売買単位をLotに変更(1Lot:1000通貨)
  • pips表示をpoint表示に変更(ptと表記)
  • pt損益に売買Lot数も反映する(売買Lot数を反映しない値はpt差と呼ぶ)
2022/03/08(Ver1.4.8.0)
チャート上からの売買に対応しました。 (リプレイ実行中にBidAskの中間のチェックをonにします。数量は1000固定です)
2022/03/03(Ver1.4.7.0)
チャート上にBid,Spread,Askを表示しました
2022/02/26(Ver1.4.6)
モバイル端末の損益表示に対応しました。PCの表示方法もモバイルと同じに変更となります。
2022/02/13(Ver1.4.5)
モバイル端末での十字線表示に対応しました(PCでは十字線の同期に対応)。モバイル端末で十字線を表示する場合は長押しをします。
2022/01/29(Ver1.4.4)
モバイル端末でのリプレイに対応しました。
2022/01/18(Ver1.4.3)
モバイル端末用の画面を作成しました。
カレンダーやスワイプでの手動日時変更のみ対応しています。下記は今後対応予定です。
  • リプレイ(優先度高)
  • 売買
  • インジケーター表示
2022/01/07(Ver1.4.2)
前後のバーへ移動しやすくなりました。
2022/01/04(Ver1.4.1.2)
表示直後にウィンドウの配置がずれる不具合を修正しました。
2022/01/03(Ver1.4.1.1)
期間移動ダイアログを修正しました。
2022/01/02(Ver1.3.3)
期間移動ダイアログを追加しました。
2022/01/01(Ver1.3.2)
損益の表示方法を変更しました。
2021/12/23(Ver1.3.1)
起動にかかる時間を短縮しました。
2021/12/22(Ver1.3.0.0)
  • データを必要になってから読み込むように修正しました。これに伴いデータ設定画面は廃止しました。
  • 再生期間の日時指定をダイアログで設定できるようにしました。
  • タイムゾーンは一時的に東京(GMT+9)のみとなります。後日変更できるように修正します。
2021/10/18(Ver1.2.2.0)
  • デフォルトのインジケーターにストキャスティクスを追加しました。
  • スプレッドを固定値に変更しました。 参照:ユーザーガイド>再生>スプレッド補正値
2021/06/23(Ver1.2.1.2)
既に約定している日時以前からの再開が可能になりました。再開日時以降のポジションは削除されます。
2021/06/19(Ver1.2.1.1)
不具合の修正等を行いました。
2021/06/13(Ver1.2.1.0)
一時停止中にスクロールを行い表示している日時から再生再開が可能になりました。
※再生再開日時以降に約定したポジションが有る場合は本バージョンでは対応していせん。後日対応します。
2021/05/31(Ver1.2.0.3)
再生期間の開始日時、終了日時にデータが存在しない週末を指定するとエラーとなる不具合を修正しました。
日本株の公開を当面中止します。
2021/05/06(Ver1.2.0.2)
選択中ポジションの強調表示の仕様を変更しました。
変更前 変更後
ポジション選択 ダブルクリック シングルクリック
停止中約定日時に移動 ダブルクリック 右クリック
2021/05/06(Ver1.2.0)
選択中ポジションの強調表示に対応しました。
2021/04/04(Ver1.1.3)
達玉一覧、約定履歴ウインドウの表示項目追加やUIの改善を行いました
2021/02/21(Ver1.1.2)
下記の基本的なレイアウトの保存、復元に対応しました。
  • ウィンドウの位置、大きさ
  • ウィンドウ種別(チャート、クイック注文、ポジション一覧、約定一覧)
  • 通貨ペア(チャート、クイック注文のみ
    ※次回実行時に保存した通貨ペアを復元するには、データ設定画面でその通貨ペアを選択する必要があります。選択しない場合、デフォルトの通貨ペアとなります。
  • 時間足(チャートのみ)
  • ローソク足幅(チャートのみ)
※下記は未対応です。後日対応します。
  • レイアウトの名前や表示順序の変更
  • インジケーターの保存、復元
2020/12/21 (Ver1.1.1)
レイアウトの分割、結合、リサイズに対応しました。
※ レイアウトの保存は次回対応予定です。
2020/10/05 (Ver1.1.0)
チャート上の売買履歴表示に対応しました。
新規 決済(利益) 決済(損失)
売り
買い

利用開始方法

  1. 利用規約をご確認ください。
  2. 下記のURLを開いてください。本ページ右上のボタンからも遷移可能です。
    FX : https://jstrader.net/fx

データ

FX
開始日(近日、より過去のデータを再公開します) 2021/01/03
終了日 2022/07/02
ソース FXCM
更新時期 原則週次
データの利用は本アプリケーションでの個人利用に限ります。