Indicator.prototype. calc抽象メソッド

概要

リプレイ実行中、インジケーター値の計算の為にJSTraderから繰り返し呼ばれる抽象メソッドです。 作成するインジケーターに応じた計算を実装してください。

直接インジケーターバッファー追加メソッドを呼ぶ場合は実装は必須です。
(callIndicatorメソッドで呼び出したインジケーターから間接的に呼ぶ場合は不要です)
参照:IndicatorBuffercallIndicator

インジケーターの計算に関する注意事項

  • インジケーターバッファーに格納する計算結果は少数点以下を四捨五入して整数で格納されます。その為、誤差が生じることがあります。
  • 移動平均の先頭など、インジケーターとして無効な値はNaNで表します。ある時点のインジケーターの値を計算する過程で一か所でもNaNが含む場合は結果をNaNとしてください。
    JSの結果 補足
    NaN+1 NaN JSの仕様でもNaNとなる為このままで問題ありません
    NaN<0?1:-1 -1 NaNを比較演算子に適用した場合、bool値が帰る為このままでは使用できません。NaNを含む場合はNaNを返すように実装してください。

シグニチャ

calc(index,opens,highs,lows,closes,spreads)return void

引数

リプレイ時点のレート情報

キー 説明
index リプレイ中のある時点を示すindex
times 日時が格納されたインジケーターバッファー
opens 始値が格納されたインジケーターバッファー
hights 高値が格納されたインジケーターバッファー
lows 安値が格納されたインジケーターバッファー
closes 終値が格納されたインジケーターバッファー
spreads スプレッドが格納されたインジケーターバッファー
日時は協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からの経過秒です。
レートは整数で渡されます。
小数点位置が必要な場合は、symbolDigitフィールドの値を取得してください。
戻り値
無し