Indicatorクラス

概要

インジケーターを表すクラスです。ユーザー定義したオブジェクトはこのクラスに変換され、チャート追加時にインスタンス化されます。

組み込みフィールド変数について

  • ユーザー定義プログラムから組み込みフィールド変数に直接アクセスすることはできません。setterメソッド、getterメソッドを介してアクセスします。
    例外としてindicatorName、indicatorType、paramsはインジケーター登録時に直接設定します。
  • 読み取り専用のフィールドにはgetterのみ提供されています。(setterは提供されていません。)
  • setterが提供されている場合でも、setterの使用はinitメソッドの中でのみ可能です。(calcメソッド等の中では不可です)

インジケータータイプについて

インジケーター登録時に設定するindicatorTypeによって、下記に分類されます。

設定するindictorType インジケータータイプ 備考
定数
1 INDICATOR_TYPE.ITEM アイテムインジケーター 単独では表示できず、コンテナインジケータに追加して表示する
2 INDICATOR_TYPE.CONTAINER コンテナインジケーター 高さを持ち単独で表示できる

コンテナインジケーターの場合は「高さ」が必須です。initメソッド内でheightを設定してください。

参照:initheight

インジケーターバッファー

インジケーターは表示する形式によって、1つ以上のインジケーターバッファーを持ちます。
参照:IndicatorBuffer

あるいは、1つ以上のインジケーターバッファーを持った他のインジケーターを持ちます。
参照:callIndicator