インジケーター作成

概要

JSTraderでのインジケーターの作成方法概要について説明します。

インジケーター操作の理解を前提としています。
APIの詳細についてはAPIリファレンスを参照してください。

インジケーター作成手順

  1. 設計

    初めに、どのような計算をするかを下記の例を参考に決定してください。

    • 一定期間の平均値を計算する
    • 一定期間の最大値を計算する
    • 期間の異なる平均値がクロスする時点を求める

    次に、どのように表示するかを下記の選択肢から選択してください。

    表示方法の選択肢
    • ローソク足
    • ヒストグラム
    「文字」の表示は今後対応予定です。
    計算結果を格納し、表示方法を決定するオブジェクトをインジケーターバッファーと呼びます。
    参照:Indicator
    1つのインジケーターの中に、複数のインジケーターバッファーを組み合わせることも可能です。
    インジケーターの設計や計算方法についての説明は本サイトの対象外です。必要な場合は他の資料をご参照ください。
  2. 実装

    JSTraderには、あらかじめインジケーターの雛形が用意されています。

    インジケーターの具体的な実装方法は下記を参照してください。

インジケーター新規登録、編集、登録解除について

新規登録

  1. 新規登録ボタンを押下してください。インジケーター編集画面が表示されます。
  2. ソース入力欄にインジケーターの実装を入力し、閉じるボタンを押下してください。
    ツールボックスにインジケータが追加されます。
コメントはオブジェクトリテラル内部に記載してください。
オブジェクトリテラルの外に記載したコメントは保存されません。

一括編集

  1. 一括編集ボタンを押下してください。インジケーター一括編集画面が表示されます。
    この時、登録済みのインジケーターがすべて表示されます。
    バックアップとしてもご利用ください。
  2. 配列に格納したインジケーターの実装を入力し、閉じるボタンを押下してください。
    ツールボックスのインジケーターがすべて置き換わります。
    コメントは配列の要素のオブジェクトリテラルの内部に記載してください。
    そのほかのコメントは保存されません。
    一括編集は、既に登録済みのインジケーターをすべて置き換えます。必要な場合は事前にバックアップをとってください。

登録解除

  1. 登録解除するインジケーターの横の削除ボタンを押下してください。
  2. 確認ダイアログが表示されます。問題なければ「はい」を押下してください。